コラム

作業着で通勤すると恥ずかしい?工夫のポイントも解説

「更衣室で着替えることが面倒だから作業着で通勤したいけど、恥ずかしい」「作業着で電車を利用しても、問題ないのかな」といった悩みを抱えている人は少なくありません。作業着での通勤が必要な場合、工夫が必要となります。

この記事では、作業着通勤が避けられる理由と、作業着で通勤する際のポイントについて解説します。工夫ポイントを押さえ、作業着で通勤できるようになれば、職場で着替える手間や時間が省けるでしょう。作業着で通勤したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

1.作業着のまま電車で通勤すると恥ずかしい?

本来、作業着で公共交通機関を利用し、通勤すること自体に問題はありません。何を恥ずかしいと思うかは人それぞれであるため、気にならない人もいるでしょう。しかし、中には通勤に電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合、作業着で通勤することを恥ずかしいと感じる人がいます。

電車やバスで通勤している人のほとんどはフォーマルなスーツやオフィスカジュアルを着用しており、作業着を着用している人は少数です。作業着で通勤したいと思ってはいるものの、実際に行動に移している人はあまりいません。

 

2.作業着での通勤が避けられる4つの理由

作業着での通勤が避けられることには、さまざまな理由があります。単純に作業着が恥ずかしいと思う人もいれば、行動が制限されるため作業着を着用しないという人もいるでしょう。

ここでは、作業着での通勤が避けられる主な理由を4つ取り上げ、それぞれ具体的に解説します。

 

2-1.作業着についた汚れが気になる

作業着についた塗料や土埃などの汚れが気になり、通勤時の着用を避けている人は多くいます。特に退勤後は、その日の現場作業でついた汚れが、周囲の人や椅子に付着する可能性があります。汚れがついた不衛生な作業着で公共交通機関を利用することは、マナーとして避けたほうがよいでしょう。

また、作業着に染みついた塗料や使い込んだ汚れは、洗濯してもきれいには落ちません。そのため、洗濯後の作業着であっても、周囲の乗客に「自分の服に汚れがつくのでは」と不安を与えてしまう可能性もあります。周囲の人を不快にさせないように、配慮することが大切です。

 

2-2.ラフな印象がある

一般的に、作業着はラフな格好であるとみなされます。電車やバスの中は公共空間であるため、あまりにラフな格好だと周囲から浮き、注目を集めてしまいます。そのため、ラフな印象を与える作業着での通勤を避ける人も少なくありません。

また、一部ではあるものの、残念ながら作業着の持つラフな印象に対して、マイナスイメージを持つ人もいます。特に通勤時の電車やバスは、周囲にフォーマルスーツやオフィスカジュアルを着用した人が多い場所です。対比によって、作業着のラフな印象はより一層強まるでしょう。

 

2-3.制服の場合は会社が特定される

作業着を着ていると会社が特定される可能性があることから、通勤時の着用を避ける人もいます。

作業着が制服として会社貸与されている場合、作業着についている社名やマークから、自分が勤務している会社が特定されるケースがあります。通勤中の事故やトラブルに巻き込まれ、会社にクレームが寄せられたり、会社のイメージダウンにつながったりする危険性もあるでしょう。

制服として作業着を着用している場合は、トラブルを予防するためにも個人情報の漏洩に気をつけることが必要です。

 

2-4.退勤後の行動が制限される

退勤後の行動が制限されることも、作業着通勤が避けられる理由の1つです。

勤務時間が終わったら、そのまま帰宅せずに居酒屋に行ったり、買い物に出かけたりする人もいます。コンビニやスーパーなど、行き先によっては作業着のままでも気にならないかもしれません。しかし、デパートや居酒屋など、作業着のままでは行きづらい店舗もあるでしょう。

作業着で通勤すると、退勤後に行ける場所が限られます。そのため、勤務後に寄り道して帰りたいと考えている人は、私服での通勤を選ぶことが多い傾向です。

 

3.作業着で通勤する場合の4つの工夫ポイント

作業着での通勤にはデメリットがあるものの、職場で着替えなくて済むことは大きなメリットです。出勤前後に着替えの手間と時間が省けることはもちろん、作業着を持ち歩く必要がないため荷物を減らせます。

作業着で通勤して着替えの手間を省きたい場合は、次のような工夫をすることで、デメリットを最小限に抑えることが可能です。

 

3-1.上着だけ着替える

上着だけ私服で通勤する方法は、簡単にできるためおすすめです。職場についてから、私服の上着だけ作業着に着替えましょう。作業着のパンツを着用していても、上着を私服にするだけで作業着感が薄まります。

作業着のパンツは、ベーシックな色合いやデザインが多い傾向です。そのため、私服の上着に合わせて着用しても違和感は少ないでしょう。

夏場は、通勤時におしゃれなTシャツなどを着用し、作業時はTシャツをインナーとして使う方法もあります。インナーの上から作業着を着用するだけなため、簡単に着替えることができます。

 

3-2.コート・パーカーを羽織る

冬場は、作業着の上からコートやパーカーなどのアウターを羽織る方法が有効です。作業着の上から大きめのアウターを羽織るだけで、作業着感が薄まります。職場についたら羽織っているアウターを脱ぐだけで、着替えの手間もかかりません。

コートやパーカーを選ぶ際は、肩や腕周りがゆったりとしたデザインがおすすめです。

作業着は厚手の生地や素材を使っている製品が多く、動きやすいようにゆとりを持って作られています。そのため、タイトなアウターを羽織ると窮屈になり、体の動きが制限されます。カジュアルすぎず、作業着に合わせても違和感のないアイテムを選んで、通勤時のおしゃれを楽しみましょう。

 

3-3.作業着を清潔に保つ

作業着はこまめに洗濯して、清潔に保ちましょう。塗料や土、泥などで汚れた作業着を着て通勤すると、周囲の人から注目されて恥ずかしいと感じる機会が増えます。

作業着についた汚れを放置すると、汚れが落としづらくなり臭いも染みつきます。丁寧に洗濯することは、自分が恥ずかしい思いをしないためだけではなく、周囲の人を不快にさせないためにも重要です。常に清潔感がある状態を心がけることで、周囲の人からの目線も気にならなくなるでしょう。

 

3-4.おしゃれな作業着を選ぶ

職場で作業着の指定がない場合は、自分好みのおしゃれな作業着を着用することもおすすめです。最近は、機能性に加えてデザイン性も重視した商品が、多くのメーカーから販売されています。スーツのジャケットのようなスタイリッシュなデザインの作業着や、私服のように着こなしを楽しめる作業着が人気です。

作業着での通勤に抵抗感がある人でも、おしゃれな作業着であれば通勤時に違和感なく着用できるでしょう。自分の好きなデザインの作業着を見つけて、通勤時に作業着でのおしゃれを楽しんでください。

 

まとめ

作業着で公共交通機関を利用して通勤することを、恥ずかしいと感じる人はいます。作業着で通勤すると注目を集めやすいため、注意しなければならない点は多いでしょう。

作業着で通勤する場合は、作業着を清潔に保ったり、私服の上着やアウターを活用したりすることで恥ずかしさを軽減できます。最近はおしゃれな作業着も多く販売されているため、職場に規制がなければ自分の好きなデザインの作業着の導入もおすすめです。恥ずかしさを軽減するためのポイントを押さえ、作業着通勤にチャレンジしてみましょう。